利用規約

第1条 (定義)
本規約は、株式会社スマートキャンパス(以下「弊社」といいます)が提供する「ミマクル」(以下「本サービス」といいます)の、利用者(以下、「利用者」といいます)と弊社の関係に関して定めるものとします。同意なき場合には、本サービスをご利用いただくことはできません。利用者は、本規約を誠実に遵守するものとします。
第2条 (本規約の範囲)
本規約は利用者と弊社との間の本サービスに関する一切の関係について適用されるものとします。
第3条 (本サービスの申込方法)
利用者は、本利用規約を確認の上、同意の際は弊社指定の申込書に記入して弊社宛に送付又は弊社指定のサイトから申込フォームに記入して申し込むものとします。送付方法は、郵送、FAXの他、弊社が指定する方法とします。
第4条(本サービスの範囲)
利用者は、コンピューター端末、通信機器、通信回線その他利用者が本サービスを利用するうえで必要となる利用環境を自らの費用と責任で調達、保持及び管理するものとします。
第5条 (利用申込の承諾)
1. 弊社は、申込希望者から本サービスの利用申込があった場合は、本サービスを提供するために必要なシステム環境に余裕があるときに限り、本サービスの利用申込を受け付けた順序に従って、かかる利用申込を承諾をするものとし、かかる承諾を以て、本規約及び本申込書に記載された内容において、本サービス利用契約(以下「本契約」という。)が成立するものとする。
2. 弊社は、前項の規定にかかわらず、次の各号に掲げる場合には、本サービスの利用申込を承諾しないことがあります。
1) 申込希望者が本規約に定める条件に違反するおそれがあると弊社が判断したとき。
2) 弊社が本サービスを提供するために必要なシステム環境を整備、維持及び保守することが技術上著しく困難なとき。
3) その他本サービスに関する弊社の業務の遂行上著しい支障があるとき。
第6条 (禁止事項)
1. 次の各号に定める行為を禁止事項とします。
1) 本サービスを弊社が認めた本サービスの利用目的以外の目的で使用すること。
2) 本サービスの複製、分解、追加、付加、編集、消去、削除、改変、改造その他方法、態様の如何を問わず、提供物の現状を変更すること。
3) 本サービスのリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルその他方法、態様の如何を問わず提供物の解析を行うこと。
4) 本サービスにつき、有償無償を問わず、譲渡、転貸、質入、担保設定その他態様の如何を問わず占有の移転、使用権の設定等を行なうこと。
5) 本サービスを受ける権利の譲渡、再許諾、再販売、担保設定その他態様の如何を問わず使用許諾等を行なうこと。
6) 著作権表示、所有権を表す標章等を削除、除去その他方法、態様の如何を問わず変更すること。
2. 前項に加え、利用者は、本サービスについて次の各号に定める行為を行ってはならないものとします。
1) 弊社又は第三者の財産権(知的財産権を含みます。)、プライバシー、名誉、その他の権利を侵害する行為。
2) 本サービスを違法な目的で利用する行為。
3) 第三者になりすまして本サービスを利用する行為。
4) 意図的に有害なコンピュータープログラム等を送信する行為。
5) 弊社の設備に無権限でアクセスする行為。
6) 本サービス及びその他弊社の事業運営に支障をきたすおそれのある行為。
7) 法令、本規約若しくは公序良俗に反する行為、弊社もしくは第三者の信用を毀損する行為、及び弊社若しくは第三者に不利益を与える行為。
8) その他前各号に該当する恐れがある行為又はこれに類する行為。
3. 利用者は、前二項の規定に違反して弊社の設備等を毀損したときには、当弊社指定する期日までにその修繕その他の工事等に必要な費用を支払うものとします。
第7条 (本サービスの中断)
弊社は、以下の各号のいずれかに該当すると判断した場合、利用者への事前の通知又は承諾を要せず、一時的に本サービスを停止できるものとします。
この停止により利用者に生じた損害について、弊社は一切責任を負わないものとします。
A) 保守を緊急に行う場合。
B) 火災、停電等により、本サービスの提供ができなくなった場合。
C) 地震、噴火、洪水、津波等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合。
D) 戦争、変乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合。
第8条 (本サービスの終了)
本サービスは事業縮小・又は会社倒産の場合、弊社の判断により一部または全てを終了できるものとします。
その際、本サービス終了の1ヶ月前に弊社より通知を行うものとします。
第9条 (メンテナンス)
弊社は、第2水曜日の午前2時~午前7時まで、メンテナンスを行うことがあり、利用者は、かかるメンテナンス作業実施中は本サービスを利用できないことがあります。
また、別途弊社の定める日程でシステムのメンテナンス作業を行うことがあります。
第10条 (利用資格の停止)
弊社は、利用者が次の各号に掲げるいずれかの場合に該当すると判断したときは、利用者の本サービスの利用資格を、弊社が必要と判断する期間、停止することができるものとします。
1) 第6条の規定に違反したとき。
2) 弊社の名誉若しくは信用を毀損したとき。
3) 前号のほか、本規約に反する行為であって、本サービス又はIP 通信網サービスに関する弊社の業務の遂行又は弊社の電気通信設備に支障を及ぼし、又は及ぼすおそれがあると弊社が判断する行為をしたとき。
4) 弊社に損害を与えたとき。
5) その他、利用者として不適当と弊社が判断したとき。
第11条 (弊社による契約解除)
1. 弊社は、次の各号に掲げる事由のいずれかが発生した場合、あらかじめ利用者に通知することなく、本契約を解除することができるものとします。
1) 弊社が、利用者の本サービスの利用資格を停止した後、合理的な期間が経過したにもかかわらず、なおかかる利用資格の停止の原因となった事実が解消されないとき。
2) 利用者が、破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、若しくは特別清算開始の申立を受け、又は自ら申立をしたとき。
第12条 (利用者からの契約解除)
利用者は、30日以上の予告期間をもって書面又はメールにて通知することにより,本契約を中途解約することができる。
第13条 (契約終了後の措置)
1. 本規約に従い、本契約が終了した場合、利用者は弊社の指示に従い、本サービスの利用終了にかかる手続きを行うものとします。
2. 利用者は、第13条に従い本サービスの利用料金の支払いを行うとともに、本サービスに関連して発生した弊社に対する全ての債務を、弊社の指示する方法で支払うものとします。
なお弊社は、既に支払われた本サービスの利用料金については一切払い戻しいたしません。
3. 本契約が解約された場合又は本契約が終了した場合でも本条、第17条、第18条、第20条については、効力を有するものとします。
第14条 (反社会勢力の排除)
1. 弊社及び利用者は、相手方に対して、次の各号について表明し、保証するものとします。
1) 自らの役員に暴力団、暴力団関係企業、総会屋等の反社会的勢力(以下、 総称して「反社会的勢力」という)の構成員がいないこと。
2) 反社会的勢力の構成員が自らの経営に実質的に関与していないこと。
3) 反社会的勢力に対して資金を提供又は便宜を供与する等、反社会的勢力の維持運営に協力、関与していないこと。
4) 自らの役員が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していないこと。
2. 弊社及び利用者は、相手方に対して、自ら又は第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを保証するものとします。
1) 脅迫的な言動又は暴力行為
2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
3) 風説を流布し偽計又は威力を用いて相手方の信用を毀損する行為
4) 相手方の業務を妨害する行為
5) その他前各号に準ずる行為
3. 弊社及び利用者は、相手方が前二項に違反した場合、相手方に何ら通告することなく、本契約の全部又は一部を解除することができるものとします。
4. 弊社及び利用者が前項に基づいて本契約の全部又は一部を解除した場合、相手方に損害が生じてもその賠償責任を負わないものとします。
第15条 (利用料金の支払義務)
1. 本サービスの利用料金や支払方法は、「ミマクル利用申込書」に定めるものとします。
2.本サービスを開始した日が含まれる月に関しては、サービス開始日からの利用日数及び暦日数に応じて日割り計算が行われるものとします。
なお、本規約に定める場合を除き、本サービスが月の中途で終了した場合であっても、当暦月に係る利用料金は減額されず、日割り計算は行わないものとします。
3. 契約期間において、第10条に定める事由により、利用者が本サービスを利用することができない状態が生じた場合、利用者はかかる期間中の本サービスの利用料金を負担するものとします。
4. 前二項の規定にもかかわらず、下の表の左欄に定める事由により、利用者が本サービスを利用できない期間の本サービスの利用料金については、利用者はその支払いを要しないものとします。

事由支払いを要しない料金
1.利用者の責めによらない理由により、本サービスが全く利用できない状態が生じた場合(2欄に起因する事象に該当する場合を除きます。)に、かかる事情を弊社が知った時刻(以下「起算時刻」といいます。)から起算して24時間以上その状態が連続したとき起算時刻以後の利用できなかった時間(24時間の倍数である部分に限ります。)について、24時間ごとに日数を計算し、その日数に対応する利用料金。
2.本サービスの停止を行ったとき本サービスの停止を行った日から起算して、再び利用できる状態となった日の前日までの日数に対応する利用料金。


5. 弊社は、前項に言及する、利用者が支払いを要しないこととされた利用料金を、利用者が既に支払っているときは、かかる支払済み利用料金を利用者に返還します。
第16条 (責任の制限)
利用者が本サービスの利用により第三者(他の利用者も含みます。)に対し損害を与えた場合、利用者は自己の責任でこれを解決し、弊社にいかなる責任も負担させないものとします。
第17条 (権利義務の譲渡)
利用者は本規約より生じる権利及び義務の全部又は一部を第三者に譲渡し、又は担保の用に供してはならないものとします。
第18条 (秘密保持条項)
利用者は、本サービスの利用を通じて取得した情報を、第三者に開示・漏えいしてはならない。
第19条 (再委託)
弊社は、本サービスを利用者に提供するために必要な業務を第三者に委託する場合があります。
第20条 (分離性)
本規約のいずれかの条項が無効とされた場合であっても、本規約の他の条項は、継続して完全な効力を有するものとします。
第21条 (解釈、準拠法及び管轄裁判所)
1. 本規約の解釈を巡って疑義が生じた場合,弊社は合理的な範囲でその解釈を決定できるものとします。
2. 本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては日本国法が適用されるものとします。
3. 本規約に関するすべての紛争については、東京地方裁判所を第1審の専属管轄裁判所とすることを予め合意します。
第22条(情報の掲載)
利用企業は、当社の定める方法で、利用企業の、企業ロゴ、事業内容、その他の企業情報(以下「企業情報」と総称します)を、本サービス上に掲載することができます。
当社は、利用企業が入力した企業情報が当社の定める基準に適合しているか否かを審査することができ、かかる企業情報が当社の定める基準に反し、または事実に反すると当社が判断した場合、利用企業に対して企業情報の修正もしくは削除を求め、または利用企業に事前に通知することなく当社自らこれを修正もしくは削除することができます。
第23条(商標等の利用)
利用企業は、契約期間中、当社に対し、当社が本サービスに必要な範囲で、利用企業の名称、標章または商標、利用企業が本サービスに掲載した文章、写真、動画等の著作物を利用することを、無償で、地域の限定なく、非独占的に許諾するものとします。
利用企業が前項の使用を不適当と認め、当社に通知した場合は、当社は利用企業と協議のうえ使用態様を変更するものとします。
第24条(キャンセル規定)
個々の案件毎に、別途合意することとします。但し、当該案件のキャンセル料及び違約金は以下の通りとします。
案件開催日の3日前までのキャンセル:0万円
案件開催日の2日前までのキャンセル:3万円(税抜)
案件開催日の前日までのキャンセル:10万円(税抜)
案件開催当日のキャンセル:原則、不可。万が一する場合は、20万円(税抜)
※先着型案件は、上記キャンセル規定を適用し、選考型案件に関しては学生の事前選考を行ってからのキャンセルは5万円(税抜)が発生するものとする。
第25条 (その他の条項)
弊社は、本規約の内容を変更することができるものとします。
規約の変更は、本サービス上その他弊社が適当と認める方法で告知し、利用者が本サービスの利用を継続する場合は当該変更を承諾したものとします。
ただし、別途弊社と利用者の間で合意がある場合、この限りではありません。

付則
本規約は2019年9月1日 改定及び実施するものとします。
本件問合先
株式会社スマートキャンパス
受付時間 平日10:00~12:00 13:00〜17:00
TEL:03-4405-3690
競合他社、ひやかし目的等明らかに導入の意思がないと判断した場合、お申し込みをお断りさせていただくことがあります。あらかじめご了承ください。